背景 吉良イヅル

吉良イヅル IDURU KIRA

深手を負い、一度は倒れたものの、涅マユリの手により再び戦場に戻ってきた。何者だと問われれば、彼は自らを「死人」と答える。